雪化粧の月山

 06 Nov 2017 09:00:00 pm

今朝は雲一つない青空
キリッと冷え込んだので、霜も下りたようで、写真の撮影に来たお客様は早朝から大喜びで撮影に。
地蔵沼の唐松の黄色が輝いていたようで、いいのが撮れた‼と大満足。
ぶなの葉っぱは落ち葉となりましたが、まだまだ撮影できます。
朝とはうって変わって、日中は日差しがありポカポカ暖かな秋晴れを楽しみました。
雪が降るまでのつかの間の幸せですが、とてもうれしいです。
夕方には月山の雪もだいぶ融けて山頂だけになってしまいました。
本格的な雪はまだ先送りでお願いしたいですね。
11月3日に山形大学の学生さんが山形から西川町まで35キロを歩いて、六十里越街道の歴史を再確認して、志津に宿泊するという取り組みがありました。
今は鹿児島県の鹿屋体大の先生をしている、台湾からの大学の学生で我が家に毎年泊まりに来ていた鄭さんが参加してました。
研究のためとのことで参加したらしいのですが、朝6時から10時間歩いて来たそうで、夕方お土産を持って隣の宿から遊びに来てくれました。
我が家にとっては台湾の長女みたいな存在。
一度台湾に来てくださいと誘われています。
その時はうちに泊まった学生に声かけて集めるからと。
いつか行きたいものですね。
国内旅行よりも早く着くのですけどね(笑)


カテゴリー : 女将の一言 | Posted By : maiduruya |



ページ: 1
Oct 2017 11月 2017 Dec 2017
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索