素晴らしい青空

 30 May 2020 09:00:00 pm

 今日も朝からキレイな青空となりました。
家の隣のやちだもの木もようやく芽吹きが始まりました。
後ろに見える月山と青空によく映えます。
夕方まで雲の無い1日となり、夕方にはスキー場にこぶが見えるようになっていましたので、今日は今までよりもスキーヤーがスキーを満喫したんでしょうね。
地蔵沼も湖面に山が写り込んでキレイでしたね。
風もなかったので、特に良く写ってます。
散歩から帰って来てから、清水やのおかみさんが道路に置いたプランターに水かけをしていたので、私も家の近くのプランターに水かけ。
水道の水でなく、三山さんとゆきしろさんの所の山から引っ張っている水を汲んできてたっぷりあげました。
晴れるのはありがたいのですが、夜にちょっと降ってくれると尚嬉しい。

セキレイが卵を産んでから、ちょこちょこと親鳥を驚かせないようにこっそり覗いていたのですが、昨日までは巣の中で親鳥が温めているようすを把握していたのですが、今日の夕方に息子が見たところ、親鳥が居なくて雛が産まれていたそうです。
まだ卵も残っているようなので、これからも孵化するのかしら?
山形弁では産まれることをむしょげると言います。
まさにむしょげたばかりの雛ですね。
ピヨピヨともまだ鳴かないくらいで、これからが楽しみです。
カラスには見つからないところですが、この辺にはテンとかイタチとかタヌキとかの野生動物もいるので、なんとか旅立つまで見守ります。
5月も明日で終わり。
6月からは本来の旅館業に戻ります。
いつものお客様からも連絡を頂いたりしてます。
顔と様子が目に浮かびます。
狭い宿なので、距離を取って接するというのが、どこまで出来るのか?
やってみないとわからないことばかりですが、やってダメだったということは感染ということになるので、十分気をつけて対処したいと思います。




カテゴリー : 女将の一言 | Posted By : maiduruya |