キセキレイの成長

 09 Jun 2020 10:30:00 pm

 家族で見守っていたセキレイの雛が、顔がはっきりわかるようになってました。
巣の近くを通りかかると、親鳥がピーピーと電線に止まってよく鳴くので、大丈夫だよ!とみんな鳥に話しかけてます(笑)、
息子は旅立ちに向けて、巣から出たときに落ちると出て来れないとかわいそうだ!と段ボールとベニヤ板で足場を作ってあげました。
セキレイにこの愛情伝わるかな?
今までもセキレイは家の回りでよく見かけていたのですが、このツガイが子育てを始めてからは、不思議と他のセキレイの姿は見なくなりました。
鳥にも縄張りがあるのでしょうか?
それにしても、うちの鳥だと思うとより可愛い。
もうしばらくはセキレイ一家に楽しませてもらいます。

雨が全く降らないので、花の水やりも大変です。
毎日家の回りとたまに歩道に置いてあるプランターへの水やりをしてますが、ご近所の皆さんもそれぞれ、朝や夕方に水やりに出て来て花も見守っています。
家の裏の食堂の横に地植えしてある花の中に、去年まで無かった花が咲いてました。
葉っぱの感じからオダマキのようですが、近くには黄色とエンジのツートンカラーのオダマキはあるものの、紫の花は隣近所にも見当たりません。
どこから来たものなのか?
キレイな花は歓迎です。

今日は暑い1日でした。
明日は今日よりもさらに気温も高くなりそうですが、そのあとはようやく雨になりそうです。
いよいよ梅雨入りになるのでしょうか?
しとしとであればまだしも、石垣島では50年に一度の大雨になっていたりしているようですね。
コロナウイルスで大変な時に、更に災害は勘弁して欲しいものです。
熱中症にも注意が必要になってますし、健康で過ごすというのは難しいものですね。
夏バテに向けて、栄養は十分に蓄えておりますが、志津は涼しいので夏バテしないので、蓄えだけが残ってます(笑)
その生活が30年ですもの。
蓄えの大きさで膝も痛くなるなぁ。

カテゴリー : 女将の一言 | Posted By : maiduruya |