月山竹の子入荷

 22 Jun 2020 10:55:00 pm

 人の移動の宣言が解除されて初めての週末でした。
今まで辛抱していたスキーのお客様の常連さんがお越しになり、いつもの雰囲気が戻ってきたなぁと感じました。
よく雪も残っていてくれたと感謝です。
日曜日の朝は雲一つ無い晴天となり、この時期にしては寒いほど、キリッと冷え込みました。
清々しい空気をお客様も思う存分吸って行かれたことでしょう。
午後からは部分日食もありましたが、夕方でお客様の食事の用意の時間ということもあり、すっかり忘れていて見逃してしまいました。
台湾では皆既日食だったようですね。
日食マニアの方は台湾に飛んで行きたかったでしょうが、残念ながら今回は台湾の人だけ満喫ですね。

週末のお客様に合わせて、月山の竹の子を頼んでいたのが届きましたので、お客様に蒸し竹の子や天ぷら、みそ汁等で味わって頂きました。
本来は自分たちで取りに行ったりするのですが、実は左膝に痛みがあるのと、採りに行く都合がつかなかったので、お願いして採ってもらいました。
竹の子採りは歩かなきゃならないし、竹やぶでは竹にビシッと鞭のように打たれたりするし、ぶよに刺されたりするし、収穫したら重たいリックを背負って来なきゃならないし、大変なだけなのですが年に一度くらいは行ってみたいんですよね。
雨が少なかったり、気温が低かったりとなかなか竹の子採りの人も苦労しているようです
先日は竹の子採りの人が雪のあるところで滑落して、ヘリコプターが出動する騒ぎもありましたし、他の市町村では遭難してまだ見つかって居ない方もいるようですし、ちょっと行ってみるか?と気楽に行くのはNGですから、膝の痛みを考えると今年はお休みでしょうね。

黄セキレイの雛が巣だってしばらくたつのですが、未だに外に行くと鳥の姿を探したり、巣のあった場所を覗いたりの生活が続いています。
黄セキレイロスでしょうか(笑)。
鳥の巣もネイチャーセンターに行きました。
鳥の巣の展示をするそうです。
普通は巣だけ見つかっても、どの鳥が作ったものかわからないそうですが、うちの巣は鳥の種類もわかるし、産卵から孵化、巣立つまでの写真を撮影してるので、成長記録付きなんです。
なんか自慢です。
姿見せてくれないかな?とまた明日も家の周囲を見渡すのは続きそうです(笑)。

カテゴリー : 女将の一言 | Posted By : maiduruya |