山形大雨

 28 Jul 2020 09:00:00 pm

 昨日からの天気予報で山形県に集中的に雨雲が発生する、線状降水帯が発生するかも知れないと言われてましたので、どのくらい降るのか?と覚悟をしておりました。
確かに夜中一晩中降ってましたが、わりと静かでした。
午前中も降り続いていましたが、けしてバケツをひっくり返したような雨ではありませんでした。
地元の消防団の人たちが見回りに出てくれたところ、志津から姥沢に行く道の土砂崩れを発見!
広範囲ではなかったので、早めに通行出来るようにしてくれました。
下に行く道は道路が川のようになっていましたが、崩れることは無く収まったようです。
大井沢は孤立しているという情報もありますし、最上川流域では氾濫しているところもあります。
7月の終わりのこの時期に降るのは危険な雨で、何年前になるでしょうか?
西川町で大雨となり、寒河江ダムの近くのトンネルの入り口が崩れた事があり、しばらく通行止めとなったことがありました。
夕方には小降りとなりましたが、九州辺りではこれが何度も発生しているのですから、いかに大変かわかりますね。
テレビなどでもトップニュースで山形県の大雨の様子が報道されたので、お客様が心配してくださいまして、電話を頂いたりしております。
ありがたいことです。
おかげさまで宿のほうは何ともないです。
ただ、この雨で山の登山道はどうなっているのか?
明日情報を仕入れたいと思っています。
皆様もコロナと共に、色々な事に気をつけてお過ごし下さいませ。


カテゴリー : 女将の一言 | Posted By : maiduruya |